Sabadaishihonbo Yasakadera Temple

Sabadaishihonbo Yasakadera Temple, Kaiyo-cho

Sabadaishihonbo Yasakadera Temple

Sabadaishihonbo Yasakadera Temple
4
Info
Durata consigliata
Meno di 1 ora
Suggerisci modifiche per migliorare il profilo.
Migliora questo profilo

4.0
12 recensioni
Eccellente
3
Molto buono
5
Nella media
3
Scarso
1
Pessimo
0

kerokeromania
札幌3’385 contributi
最寄り駅にご注意下さい
feb 2020
八坂寺、という呼称よりも、鯖大師という名前の方が通りの良い、四国八十八か所別格霊場第四番札所となっているお寺です。住所的には浅川という地区に立地していますが、JRの最寄駅としては浅川ではなく、隣の鯖瀬駅ですので注意が必要です。鯖瀬駅からは徒歩5分程度の近距離です。
Scritta in data 23 aprile 2020
Questa recensione rappresenta l'opinione personale di un membro di Tripadvisor e non di TripAdvisor LLC.

お遍路さん京都市
京都市22’430 contributi
ここにもお大師さんの「好きになれない」仕返し、報復の物語があります
apr 2019 • Solo
空海は偉大な方だと思っているし、その教えも素晴らしいとは思っている。が、何かにつけ、「仕返し」「復習」「祟り」の考え方がはびこっているような「物語」があちこちで散見されるのが気になる。衛門三郎の8人の子供、喰わずの芋等と一緒で第一義的には各人達に非があるのであろうが、それにしてもその結果としての報復にはどう贔屓目に見ても賛同は出来ない。余りにも復習話が独り歩きすると偉大さをもかき消すような不気味さが気にかかる。どうせ単なる作り話、とは思っても余りにもその仕返しがキツイので・・・・ここも鯖を積んだ馬には何の非もない、要は祟るのであれば馬子本人に、衛門三郎本人に祟ればよいことであって子供とか馬に祟るなんてことは容認出来ない。色々なモノの考え方はあるでしょうが、目には目を、歯には歯を、以上の報いをかぶせるような物語は徐々に無くして行った方が空海さんのためとも思う。個人的には私は魚、特に鯖とかの青い魚は大大嫌いなので、3年とは云わずに30年、300年間、鯖断ちしても何の苦痛もないけど・・・。ご威光を強調する余りに仕返しの倫理話を強調して伝えて行くことについては如何なものか?と思う。
Scritta in data 6 maggio 2019
Questa recensione rappresenta l'opinione personale di un membro di Tripadvisor e non di TripAdvisor LLC.

困ったクロちゃん
Tokushima, Giappone1’376 contributi
お遍路さん多かったけど
apr 2019 • Coppie
23番札所の薬王寺から下るお遍路さんが多く、ここに立ち寄っていました。でも88か所には入っておらず、四国別格霊場の一つですが、中に入っての鯖に関する言い伝えに「地元の人に愛された」お寺であるということがわかります。前のお饅頭屋さんは立ち寄るべき場所です。
Scritta in data 22 aprile 2019
Questa recensione rappresenta l'opinione personale di un membro di Tripadvisor e non di TripAdvisor LLC.

sakayoshi680
Osaka, Giappone224 contributi
四国別格四番札所
nov 2018 • Amici
以前、四国八十八箇所と別格二十箇所を遍路の
時に訪れました。
遍路再開の気持ちが出て来ましたね~
また一番から周りたいです。
Scritta in data 5 novembre 2018
Questa recensione rappresenta l'opinione personale di un membro di Tripadvisor e non di TripAdvisor LLC.

東奔西飛
東京1’744 contributi
庶民のお寺さん?
set 2017 • Famiglia
標識に従い国道の鯖瀬口から折れて間もなく、馬頭観音の隣に位置する。道路から自然に入って行ける山門で本坊も道路脇で良く見え、僭越ながら親しみやすいお寺さん。それにしても鯖大師とは風変わりな呼称と思ったところ、八坂八浜の難所、塩鯖を以って空海和尚に悟された馬子が修行を重ね開基したとの謂れだった。
Scritta in data 2 agosto 2018
Questa recensione rappresenta l'opinione personale di un membro di Tripadvisor e non di TripAdvisor LLC.

お遍路さん京都市
京都市22’430 contributi
四国別格二十霊場の第4番札所としての参拝でした
apr 2018 • Amici
この神社の住所、実にいい加減な表示がしてある。ものによっては、中祖15番地、又、別のものには、中祖14番地・・・たった1番地の違いだが、住所は固有名詞を特定する大切な構成要素、正確に表示すべきと考える。この別格霊場寺院には今も宿泊施設があって最大150名の宿泊が可能(但し、要事前予約)。本尊は空海、開基は行基、高野山真言宗。1200年以上の縁起を有する古刹です。寺院の謂れ等はネット上にも広く公開されている変わった名称の別格霊場寺院でした。
Scritta in data 27 aprile 2018
Questa recensione rappresenta l'opinione personale di un membro di Tripadvisor e non di TripAdvisor LLC.

たびネコ
Tokyo, Giappone7’197 contributi
鯖大師ってネーミングは・・・
lug 2017 • Solo
ここは「四国別格霊場第4番札所」です。 
って、別格霊場って何?と言う方、いらっしゃいませんか? 私も思いました、何それ?と。
簡単に言うと八十八番札所に入っていない寺で弘法大師に縁のある寺が20箇所集まって作った物です。
因みに八十八札所に入っている寺とそうでは無い寺では立ち寄る人の数が大きく異なる為、「よし、オレ達もなんかやろうぜ!」といった形で始まったかは定かではありません。。。ただ、八十八箇所巡りと別格霊場20箇所を足すと108となり、煩悩の数となり達成した際に、より精進した気分になることは間違いありません。
ここは八十八箇所巡りをしている方にとっては宿坊として知られており、夜に護摩祈願をしてもらえたりするようです。
ところで、「鯖大師・・・って?」と思いません?
この由来は昔、弘法大師がこの地で野宿をしていた際に通り掛かった馬子(馬に食料を積んで運んでいる商人みたいな者)に塩サバを所望したところ、口汚く罵られ断られた。その後馬子の馬が苦しみ出し動かなくなった。馬子は慌てて「さっきの僧は実は偉い人(空海)だったんじゃね?」と引き返しサバを差し出し馬を治して欲しいと懇願した。空海が加持水(仏様の慈悲と智慧が加わった水)を馬に与えると馬は回復し、サバは加持祈祷し海に放つと生き返り泳いで行った。この馬子は空海の弟子となった。。。
しかも、この言い伝えは先の高僧、行基バージョンも殆ど同様の内容であるようです。
これって考え方によっては、サバをもらえなかったので馬に呪いをかけ困らせ、サバをゲットして呪いを解く・・・食べる分のサバをキープして食べきれない分は海にリリースしてパフォーマンス・・・みたいなズルい人っぽい気が・・・誰も見ていないところでコッソリサバを生き返らせても良いけど、どうせなら誰かが見てる前でやった方が効果的!みたいな。。。
サバ欲しさに随分と大技を使うなぁ、とか考えてはいけないのでしょう。
きっと、こんなことを考えてしまう私は煩悩の塊なんでしょう。。。
ユニークなのは「鯖断ち」
開運、子宝成就、病気平癒などの願い事を書いて奉納し3年間鯖を口にしないことを誓い実行すると願いが叶う・・・と云われています。
う~ん、サバか・・・結構好きだしなぁ・・・牡蠣とかじゃダメかな?苦手だから5年でも10年でも絶てるんだけど。。。
全体的な印象としては寺の敷地内もHPも「金額」が書かれた案内が多いなぁ、という印象です。
Scritta in data 5 agosto 2017
Questa recensione rappresenta l'opinione personale di un membro di Tripadvisor e non di TripAdvisor LLC.

QPTraveller
50 contributi
夜の護摩焚き体験が素晴らしい
lug 2016 • Solo
歩き遍路の宿でこちらの宿坊を利用しました。私が宿泊したときは10名弱程度でしたが、全員が歩き遍路さんでした。夜夕飯後に護摩焚きがあります。護摩堂へ続く地下道には88箇所、別格20霊場のお砂踏みが続きます。この導入部分がいかにも異世界への入り口のようなかんじでした。護摩焚きもこれまでにない、不思議な異空間体験でした。他のお遍路さんに勧められて宿泊しましたが、これはたしかに他の人に勧めるな、というかんじ。私にとって初めての宿坊宿泊でしたが、泊まってみると皆さん親切でそこまで敷居は高くなかったです。駅のすぐ目の前で交通至便。
Scritta in data 5 giugno 2017
Questa recensione rappresenta l'opinione personale di un membro di Tripadvisor e non di TripAdvisor LLC.

お遍路さん京都市
京都市22’430 contributi
行基が開創の古寺、別格霊場第4番札所です
giu 2016 • Solo
変わった名称の寺院なので一度行ったら忘れません。それにしてもここの宿坊、約150名も宿泊可能なんて・・・驚きですね。(要事前予約)。ここは弘法大師空海をご本尊とする高野山真言宗寺院です。塩鯖が大師のお加持で生き返ったとか・・・いくら空海に心酔している私でも信じません、嘘だとすぐに解る。偉大な人物を語り継ぐ場合には例え史実とは違っていても、そこそこ信じられるような物語でないと・・・余りにも空想の世界、有り得ない世界の物語にしてしまうと逆効果で、そんなバカな・・・で、終わってしまう。
Scritta in data 26 ottobre 2016
Questa recensione rappresenta l'opinione personale di un membro di Tripadvisor e non di TripAdvisor LLC.

森のかんちゃん
Takamatsu, Giappone2’973 contributi
四国別格二十霊場第4番札所
set 2016 • Famiglia
こちらは、四国別格20霊場の第4番札所で鯖大師本坊と呼ばれています。昔、弘法大師様が、この地で修行を行っています時、馬に塩鯖を積んだ行商が、通りかかり大師様が、その鯖を、分けてくれるように頼まれたのですが、口汚く断ったそうです。その後すぐに、その馬が病気になり倒れてしまったのですが、大師様に鯖を持ってお詫びに行くと、大師様が馬を助け元気になったことから、この寺の名が、このように付けられたそうです。
Scritta in data 7 ottobre 2016
Questa recensione rappresenta l'opinione personale di un membro di Tripadvisor e non di TripAdvisor LLC.

1-10 di 12 risultati mostrati
Ci sono errori o manca qualcosa?
Suggerisci modifiche per migliorare il profilo.
Migliora questo profilo
Domande frequenti su Sabadaishihonbo Yasakadera Temple